MENU

ジェルネイルのやり方

ジェルネイルを施術する際には、持ちを良くするための下処理が必要です。

 

ネイルケア

まず、エメリーボードを使って爪の先端の形を整えます。
この時、爪先端のバリが残らないように処理しておきましょう。

 

次に、甘皮の処理を行います。
ネイルケアのキューティクルケアと同じく、甘皮を押し上げてルースキューティクルを取り除きます。
ルースキューティクルとは、甘皮から伸びた角質です。
乾いている状態では見えにくくなっています。

 

甘皮付近のネイルプレートに貼りついた状態で、その上にジェルが乗ると
そこから浮いてきやすくなるので、きちんと取り除きましょう。

 

サンディング

ネイルケアが終わったら、ジェルの密着を良くするためにサンディングを行います。
ジェルメーカーが推奨するグリッド数のファイルを使い
爪の表面全体のツヤがなくなるようにサンディングします。

 

キューティクル付近や両サイドは、特に削り残しをしやすい部分。
きちんとサンディングが出来ていないと、浮きの原因となります。
注意してください。

 

サンディングで出たダストをオフしてから、爪表面に残った油分や水分の除去です。
ジェルのメーカーによって、推奨されているプレプライマーやプライマーなどがあります。
それに従うようにしましょう。

 

自分でジェルをしてみても、どうしても持ちが悪い場合

キューティクルケア、サンディング、ダストや油分・水分のオフをきちんと出来ていないことが
原因となっているケースが多いです。
一つ一つの工程をしっかりと丁寧に進めるように心がけてください。

 

ベースジェル・カラージェル

下処理が終わったら、ベースジェルから塗っていきます。
ベースジェルは、サンディングで作った爪表面の傷に塗り込むように、
少しだけ圧をかけながら塗っていきましょう。
表面がツルンとなったらカラージェルに移るのですが、
1度塗りでもまだザラザラを感じるのなら、2度塗りしてみてください。
その後、カラージェルを塗り、お好みのアートを施して、トップジェルを塗ったら完成です。

関連ページ

ジェルネイルのデザイン
ジェルネイルのデザインについて書いています。参考にしてください。