MENU

ネイルアート

爪の上に繊細な装飾を施すネイルアートは、ネイリストの仕事の中でもとくに華やかな部分です。
ネイリストによってフェミニンなアートが得意だったり、ロックテイストが上手だったりと
得意・不得意が大きく分かれてきます。

 

検定

各級の実技試験でネイルアートがあって、それぞれ使う材料やアートテーマが異なっています。

 

ネイリスト検定の3級と2級

アクリル絵の具を使ったフラットアートを行います。
アクリル絵の具を扱う際に重要なことは、水の量の調節です。

 

コーヒーフレッシュのようなトロみを感じるくらいの濃さに、水を加えて使うのが基本です。
広い面を塗りつぶす時などは、サラサラめの方が扱いやすいという人もいます。
自分でやりやすい濃度をいくつも試してみましょう。

 

絵の具を混ぜる時に筆の根元を押し付けることで、根元部分を傷めてしまうケースがよくあります。
力を入れずに優しく筆先を使って混ぜるようにしましょう。

 

また、ネイルアート用として販売されているアクリル絵の具だと
すでにコーヒーフレッシュくらいの粘度になっているものもあります。

 

ネイリスト検定の1級

絵の具を使ったフラットアートと、アクリル材料を使った3Dアートを
組み合わせたミックスメディアアートを作製します。
2級と1級では、アートテーマが毎回変わるので、要綱をよく読んでおいてください。

 

ジェルネイル検定

ジェルを使ったアートを行います。

 

初級

ピーコックと呼ばれるもので、ネイルアートの中では基本的な技法です。
カラージェルを数色ライン状に置き、細い筆でラインに垂直に引っ張ってから硬化させます。
この時、線を1本引くごとにキッチンペーパーで拭いて、
常に何も付いていない筆先で次の線を引くようにしましょう。
ピーコックは、カラージェルの乗せ方や筆を引く向きによって、様々な模様が楽しめます。

 

中級

グラデーションとフレンチルックに仕上げます。
どちらもサロンでよくオーダーされるメニューです。
しっかりと練習しておきましょう。

 

上級

フラワーをテーマとしたジェルアートと、チップ&オーバーレイにフレンチルックで施すアートになります。

関連ページ

つけ爪の施術
つけ爪の施術について解説します。参考にしてみて下さい。
ジェルネイルの施術
ジェルネイルの施術についてのお話です。やり方とか参考にして下さい。
ネイルケア
最も基本的な施術であるネイルケアについてです。参考にして下さい。
カラーリング
「マニキュアを塗る」と一般的に言われるのは、ネイル業界ではカラーリングといいます。そのカラーリングについて。
人工爪作り
人工爪はどのようにしたら、上手く作れるのでしょう?人工爪の作り方についてです。
爪の健康相談
爪の健康相談、多いのはどんなこと?で、その回答は?などのお話です。