MENU

ネイリスト

ネイリストの適性、スキル、技などの他に仕事形態や収入、仕事の探し方など、
ネイリストになりたい人が知っておきたい情報が満載です。

 

  • ネイリストの適性
  • 才能を活かしてネイリストになる
  • ネイリストの求められるスキル
  • サロンで働くには
  • 雇用形態
  • 仕事内容
  • 職場
  • ネイリストの収入

ネイリスト記事一覧

ネイリストに向いている人というと、細かい作業や絵を描くことが得意、というイメージを持たれている方も多いことでしょう。実際、お客様から「器用そうね」「小さい時から絵が好きだったの?」と聞かれることもよくあります。技術を磨くもともと手先が器用だったり、細かな作業が好きだったというネイリストもいます。しかし、ネイルの世界ではどんなに手先が器用な人でも、1度で習得できてしまう技術はまずありません。一つの技...

ネイリストの才能といえば、ネイルが好きで、技術を磨くためにどれだけ努力できるか、が1番です。それ以外にも、生まれ持った身体能力によって、ネイリストの技量が左右されることもあります。その一つが、目の良さです。目の良さ常に細かい部分に気を配るネイルの世界では、「髪の毛1本分」という表現がよく使われます。この表現は、物の例えではありません。本当に、「1mm」の10分の1、100分の1の差を指すのです。1...

資格ネイリストとして求められるスキルの一つが、検定での資格です。日本では、資格を持っていなくてもネイリストを名乗れますが一定の検定級を持っていることが、「面接の条件」となっているサロンもたくさんあります。また、資格を持っているということが、お客様の安心感にもつながります。実際、ネイル関係の検定に合格するには、たくさんの練習や知識が必要。運の良さだけで、合格はできません。資格は、基本的な技術と正しい...

ネイリストといえば、ネイルサロンで働くのが最も一般的ですよね。そのネイルサロンの求人条件によくあるのが、ネイリスト検定○級以上という記載です。持っている検定級によって、お給料に差が出てくることもあります。最近では、「ネイリスト検定○級以上、もしくは同等の技術をお持ちの方」という記載も増えてきています。つまり、検定級の有無だけではなく、サロンの即戦力になる人材が求められているのです。現在、日本でのネ...

ネイリストとして働くには、様々な雇用形態があります。アルバイトの場合時給○○○円という契約になり、持っている検定級や、サロン内独自の試験などによって変わってきます。よく聞かれるのが、オープン準備や営業終了後の片付けの時間は、アルバイトの時給が支払われないという話です。また、お客様に入っていない時間はレッスンするように言われ、その間は時給が付かないどころかお給料からレッスン代を引くという悪質なサロン...

ネイリストの仕事といえば、爪に繊細で華やかなアートを施しているシーンを想像する方も多いことでしょう。しかし、ネイリストとしてお客様に施術する内容は、もっと多岐に渡りますから手や足の爪を美しく健康に保つためには、様々な技術が必要です。具体的な施術内容爪や指先を健康に保つためのネイルケア亀裂が入ったり欠けてしまった爪を補強・補修するリペア爪先の長さを出して造形するイクステンション様々な材料を使って爪に...

ネイリストが仕事をする場所として、最も一般的なのがネイルサロンです。でも、ネイリストが活躍できる場所は他にもたくさんあります。様々なスタイルで働けるというのも、ネイリストの魅力の一つです。美容室・エステサロン・まつげエクステのサロンネイル専門のサロン以外にも、美容室やエステサロン、まつげエクステのサロンでネイルサービスを併設しているところもあります。パーマやカラーの薬剤を浸透させている待ち時間や、...

ネイリストには様々な働き方があって、それによって収入も大きく異なってきます。アルバイトやパートとしてネイルサロンで働く場合専門の技術職だからといって、他の接客業よりも高い時給がもらえることはまずありません。最初の研修期間では、法律に定められているその地域での最低賃金額となることがほとんどのようです。研修期間が終わり、自社内で定める技術試験をクリアしたり、さらに上の検定級に合格すると昇給することもあ...