MENU

ネイリストの収入

ネイリストには様々な働き方があって、それによって収入も大きく異なってきます。

 

アルバイトやパートとしてネイルサロンで働く場合

専門の技術職だからといって、他の接客業よりも高い時給がもらえることはまずありません。
最初の研修期間では、法律に定められているその地域での最低賃金額となることがほとんどのようです。
研修期間が終わり、自社内で定める技術試験をクリアしたり、さらに上の検定級に合格すると
昇給することもあります。

 

社員として就職した場合

OLさんの一般的な初任給よりも低いことがほとんどで、14万円くらいからのところが多くなります。
「資格も持っているのに安い」と感じる方もいますが、最初からお客様に入ることは出来ません。
サロン内の清掃や電話応対、消耗品の補充などの雑務が主な仕事になります。
技術職の見習い期間としてのお給料だと考えるのが妥当です。

 

技術試験にクリアして担当できる施術内容が増えたり、
歩合制を設定しているところも多いので、売り上げや指名が増えれば、もらえる手取り金額も増えてきます。

 

フリーネイリスト

会社やサロンに雇われるのではなく、フリーネイリストとして働くスタイルもあります。
自宅の一室をネイルサロンとしてお客様を受けたり、
美容室やブライダルサロン、個人から依頼されて、施術に使う道具や材料一式を持参して
出張で仕事を行うことになります。

 

フリーの場合は、自分である程度自由に料金を設定できます。
しかし、この料金設定が難しいのです。
高すぎれば、定期的な施術依頼が減り
安すぎても、お客様が不安を感じたり、赤字で経営が出来なくなってしまいますから。

 

フリーネイリストの収入は、営業の仕方や評判によって大幅に左右されます。
収入を安定させるのが難しいと点が、フリーネイリストのデメリットです。
でも、施術スタイルや営業時間などを自分で自由に設定できる、頑張り次第で収入を上げられる
というのが大きなメリットとなります。

関連ページ

適性
ネイリストの適性についてです。向き不向きということはあると思います。では、ネイリストに向いている人とは、どういった人でしょうか?
才能を活かしてネイリストになる
ネイリストの才能といえば、ネイルが好きで、技術を磨くために、どれだけ努力できるかが1番ですが、それ以外にも…
求められるスキル
ネイリストとして求められるスキル。その一つが検定での資格です。日本では、資格を持っていなくてもネイリストを名乗ることはできるのですが…
サロンで働くには
ネイリストとしてサロンで働くには、どうしたらいいのでしょう?ネイルサロンの求人条件によくあるのが、ネイリスト検定○級以上という記載ですが・・・
ネイリストの雇用形態
ネイリストとして働くには、様々な雇用形態がありますが、アルバイトだと、時給○○○円という契約になりますし…
仕事内容
ネイリストの仕事といえば、爪に繊細で華やかなアートを施しているシーンを想像する方も多いでしょうが、ネイリストとして…
職場
ネイリストが仕事をする場所として、最も一般的なのがネイルサロンです。他にも活躍できる場所はたくさんありますよ。