MENU

ネイリストの職場

ネイリストが仕事をする場所として、最も一般的なのがネイルサロンです。
でも、ネイリストが活躍できる場所は他にもたくさんあります。
様々なスタイルで働けるというのも、ネイリストの魅力の一つです。

 

美容室・エステサロン・まつげエクステのサロン

ネイル専門のサロン以外にも、美容室やエステサロン、まつげエクステのサロンで
ネイルサービスを併設しているところもあります。
パーマやカラーの薬剤を浸透させている待ち時間や、まつげエクステと同時進行でネイルの施術。
これで、お客様の時間的な負担を大幅に減らせませ。
だから、とても人気です。

 

ブライダルサロン

ブライダルサロンと提携して、ブライダルネイルを専門に取り扱うネイリストもいます。
普段はネイルをしていない方でも、一生に一度の結婚式です。
初めてジェルやスカルプをされるお客様も少なくありません。
そこからネイルの魅力にハマり、ネイルサロンに通うようになったという方も多くいます。

 

特別な日のネイルです。
思い入れの強いお客様が多くなります。
そんな記念に残るネイルに携われるのが、ブライダルネイリストの魅力です。

 

出張ネイル

サロンで常時勤務するのではなく、依頼を受けた時だけお客様の自宅に出向く
出張ネイリストという働き方もあります。
施術に使う道具一式を持って行くので、車で移動するネイリストがほとんどです。

 

カラージェルやアートに使うストーン類全てを運ぶのは、たいへんなので
事前にデザインなどの施術内容を打ち合わせておき、
使用する可能性の高いものだけを持って行くケースが多いようです。

 

スクール講師

ネイリストとして経験を積んだら、育成する側になって、スクールなどで講師として働くこともできます。
講師は、説明しながら生徒の目の前で実際にデモンストレーションを行うので、かなり高いスキルが必要です。
施術のスキルはもちろん、教える技術も必要。
認定講師になるための試験もあります。

 

他にも変わったところでは、

ネイルサロン御用達のネイル用品のメーカーに就職したり、
雑誌やテレビ、CMなどを専門としたネイリスト、芸能人の専属になるという働き方もあります。

関連ページ

適性
ネイリストの適性についてです。向き不向きということはあると思います。では、ネイリストに向いている人とは、どういった人でしょうか?
才能を活かしてネイリストになる
ネイリストの才能といえば、ネイルが好きで、技術を磨くために、どれだけ努力できるかが1番ですが、それ以外にも…
求められるスキル
ネイリストとして求められるスキル。その一つが検定での資格です。日本では、資格を持っていなくてもネイリストを名乗ることはできるのですが…
サロンで働くには
ネイリストとしてサロンで働くには、どうしたらいいのでしょう?ネイルサロンの求人条件によくあるのが、ネイリスト検定○級以上という記載ですが・・・
ネイリストの雇用形態
ネイリストとして働くには、様々な雇用形態がありますが、アルバイトだと、時給○○○円という契約になりますし…
仕事内容
ネイリストの仕事といえば、爪に繊細で華やかなアートを施しているシーンを想像する方も多いでしょうが、ネイリストとして…
気になる収入
ネイリストには様々な働き方があって、収入も大きく異なってきます。気になるネイリストの収入についてです。