MENU

ネイリストの適性

ネイリストに向いている人というと、

細かい作業や絵を描くことが得意、というイメージを持たれている方も多いことでしょう。
実際、お客様から「器用そうね」「小さい時から絵が好きだったの?」と聞かれることもよくあります。

 

技術を磨く

もともと手先が器用だったり、細かな作業が好きだったというネイリストもいます。
しかし、ネイルの世界ではどんなに手先が器用な人でも、1度で習得できてしまう技術はまずありません。
一つの技術を習得するために、何度も何度も練習し、出来るようになってからも腕を鈍らせず、
さらに技術を磨くために練習を重ねていきます。

 

簡単に習得できる技術であれば、誰でも自分ですることが出来るので、
わざわざ時間とお金を使って、ネイルサロンに通う必要がなくなるからです。
なので、ネイリストの適性の一つは、
「常に高い技術力を求めて、コツコツと練習を重ねられること」が挙げられます。

 

接客

ネイリストは技術職であると同時に、接客業でもあります。
施術内容によっては、3時間以上もの長い間お客様と向き合っていることになります。

 

中には、「会話するのがあまり好きではない」「施術を黙々と見ていたい」というお客様もいますが、
ネイリストとの楽しい時間を過ごすことも、ネイルサロンに通う目的の一つとなっている方も多いです。
そういったお客様のタイプを見抜き、心地良い時間を提供できるかどうかもネイリストの適性の一つ。

 

施術中にお話された内容をノートやカルテに記録しておき、
「○○に行かれるとおっしゃっていましたが、いかがでしたか?」と聞くなど、
お客様に興味を持つことも必要です。

 

もちろん、好きな色や苦手なアート、お仕事柄NGな爪の長さなどは、
絶対に記録して覚えておかなければなりません。
ですので、人と接することが好きだったり、会話を楽しめる人がネイリストに向いていると言えます。

 

最初の頃は

目の前の施術に精いっぱい。
とても会話にまで気が回らない、ということもよくあります。
そんな方でも、お客様のの指先をキレイにしたいと努力する姿勢はちゃんと伝わります。
慣れれば会話にも気を配れるようになってくるので、心配はいらないでしょう。

関連ページ

才能を活かしてネイリストになる
ネイリストの才能といえば、ネイルが好きで、技術を磨くために、どれだけ努力できるかが1番ですが、それ以外にも…
求められるスキル
ネイリストとして求められるスキル。その一つが検定での資格です。日本では、資格を持っていなくてもネイリストを名乗ることはできるのですが…
サロンで働くには
ネイリストとしてサロンで働くには、どうしたらいいのでしょう?ネイルサロンの求人条件によくあるのが、ネイリスト検定○級以上という記載ですが・・・
ネイリストの雇用形態
ネイリストとして働くには、様々な雇用形態がありますが、アルバイトだと、時給○○○円という契約になりますし…
仕事内容
ネイリストの仕事といえば、爪に繊細で華やかなアートを施しているシーンを想像する方も多いでしょうが、ネイリストとして…
職場
ネイリストが仕事をする場所として、最も一般的なのがネイルサロンです。他にも活躍できる場所はたくさんありますよ。
気になる収入
ネイリストには様々な働き方があって、収入も大きく異なってきます。気になるネイリストの収入についてです。