MENU

ネイリストの雇用形態

ネイリストとして働くには、様々な雇用形態があります。

 

アルバイトの場合

時給○○○円という契約になり、持っている検定級や、
サロン内独自の試験などによって変わってきます。

 

よく聞かれるのが、オープン準備や営業終了後の片付けの時間は、
アルバイトの時給が支払われないという話です。
また、お客様に入っていない時間はレッスンするように言われ、その間は時給が付かないどころか
お給料からレッスン代を引くという悪質なサロンもあります。

 

レッスンしている間でも、電話が鳴ったりお客様がいらっしゃったら対応するので、拘束時間です。
それらのケースは労働基準法違反になるので、面接の際によく確認しておくようにしましょう。

 

社員の場合

社員での雇用の大きなメリットは、福利厚生が付いてくる点です。
お給料も時給ではなく月給制になります。
有給が付くこともあるので、収入が安定するのが魅力。

 

でも、接客業であるネイルサロンは、土日祝日が忙しいことが多いです。
アルバイトに比べて希望する日に休みが取りにくかったり、シフトの融通が利きにくい点がデメリットになります。

 

委託

他にも、ネイリストの働き方として多いのが委託業務。
雇用されるのではなく、個人事業主として仕事の依頼を受ける働き方を指します。
会社から雇われているわけではないので、決まった時給や月給はありません。
売り上げに応じて、あらかじめ決められた割合の金額が自分の取り分となります。

 

商業施設の中で区切られたブースで営業していたり、
美容室のお客様を紹介してもらって、ヘアメニューと同時にネイルメニューの施術を行うケースが多いです。

 

業務委託での働き方のメリット・デメリット

メリットは、自分の頑張りが収入に直接反映される点です。
売り上げが増えれば増えるほど収入も増えますから、「やりがいを感じられる」という声はよく聞きます。
反面、「売り上げがないときには、収入もない」というのがデメリットです。

 

施術に使う道具や材料は、自分の物を持ち込むのか、借りられるのかも
委託する人によって変わってきます。
契約を交わす前によく確認しておきましょう。

関連ページ

適性
ネイリストの適性についてです。向き不向きということはあると思います。では、ネイリストに向いている人とは、どういった人でしょうか?
才能を活かしてネイリストになる
ネイリストの才能といえば、ネイルが好きで、技術を磨くために、どれだけ努力できるかが1番ですが、それ以外にも…
求められるスキル
ネイリストとして求められるスキル。その一つが検定での資格です。日本では、資格を持っていなくてもネイリストを名乗ることはできるのですが…
サロンで働くには
ネイリストとしてサロンで働くには、どうしたらいいのでしょう?ネイルサロンの求人条件によくあるのが、ネイリスト検定○級以上という記載ですが・・・
仕事内容
ネイリストの仕事といえば、爪に繊細で華やかなアートを施しているシーンを想像する方も多いでしょうが、ネイリストとして…
職場
ネイリストが仕事をする場所として、最も一般的なのがネイルサロンです。他にも活躍できる場所はたくさんありますよ。
気になる収入
ネイリストには様々な働き方があって、収入も大きく異なってきます。気になるネイリストの収入についてです。