MENU

ネイルアート、初心者

初心者に向いている簡単なネイルアートの一つが、ラインストーンを並べて作るストーンアートです。
ラインストーンの色や配置によって、シンプルなアートからゴージャスなものまで
がらりと雰囲気を変えることが出来ます。

 

定番なのは、爪の根元に一粒づつラインストーンを置いたもの。
私の勤めているネイルサロンでも、オーダーの多いアートです。

  • 親指は、大きめのストーン
  • 人差し指から薬指は、中間サイズ
  • 小指は、小さめのストーン

にするとバランス良く仕上がります。

 

応用

根元側は大きめで、その上に小さめのストーンをタテに並べたり
キューティクルラインに沿って、5〜7粒ほどぐるりとストーンを配置すると、華やかなアートになります。
カラフルなストーンやパール、メタル素材にすると、雰囲気も変わってきます。

 

ラインストーンを使うと、日常生活で引っ掛かって、取れやすいのが難点です。
あまり爪の際までラインストーンを乗せてしまうと、引っ掛かりを防ぐために
トップコートやトップジェルでしっかりと覆うことが出来ません。
だから、端からほんの少しだけ隙間を開けてラインストーンを乗せたり
際の方は、小さめのストーンを使うようにすると良いでしょう。

 

ネイルシール

初心者でも簡単に繊細なアートが出来る強い味方が、ネイルシールです。
最近では、写真のような画像のものなど、手描きでは出せない質感のネイルシールもたくさん販売されています。
プロのネイリストも愛用者が増加中です。

 

「貼るだけ」という手軽さが人気のネイルシールですが
細かい部分に注意すると、より美しい仕上がって、モチの良さも実感出来ますよ。

 

ネイルシールを貼る前の下処理の方法

商品によって変わってきます。

  • 自爪をサンディングしてから貼るもの
  • 未硬化ジェルを拭き取ってから使うもの

などがあります。
裏面の注意書きをよく読んでから使うようにしましょう。

 

パーツシールやラインテープなどは、爪の端ギリギリまで貼ってしまうと、引っ掛かって取れやすくなります。
0.5ミリほど端から開けて貼り、しっかりとコートするようしてください。

関連ページ

ネイルアートのやり方
ネイルアートはどうやってやるのか?そのやり方方法についてです。参考にして下さい
簡単に出来るネイルアート
ネイルアートは難しいと思っている方もいるかもしれませんね。今回は、簡単にできるネイルアートをご紹介します。
最新のネイルアート
最新のネイルアート情報です。この記事は2014年の4月に書いています。