MENU

ネイルコンテスト

毎年、色々な形式でネイルの技術や創造性を競うコンテストが開かれています。
ネイリストの間ではコンペティションと呼ばれています。
日本で最大級のコンペティションとなるのは、全日本ネイリスト選手権です。

 

全日本ネイリスト選手権

11月に開かれる東京ネイルエキスポが本大会となりますが
5月から9月頃にかけて、日本全国で地区予選が開かれます。

 

地区予選の種目

プロフェッショナル部門のネイルケア、フレンチスカルプチュア。
ジュニア・スチューデント部門のネイルケア、ナチュラルスカルプチュアの4種目になります。

 

それぞれ種目ごとに求められる内容や競技時間が違ってきますから
要綱をしっかり読み込むことが重要。
各部門の種目別優勝者になると、地区代表選手として本大会に出場できます。

 

東京ネイルエキスポの本大会

上記4種目以外に、自分の片手の爪にジェルを施すセルフジェルネイルコンテストや
国内外のコンテストでの入賞経験がある人だけが出場できる、世界ネイリスト選手権が行われます。
他にも、42歳8カ月以上のベテランネイリストによるシニアネイリスト選手権。
ネイルからヘア・メイク・衣装をトータルで表現するネイティフルコンテスト。
来場者の投票によって順位の決まるアートチップアワード。
なども人気です。

 

コンペティションに出場する目的

この他、ネイルスクールやメーカーの企画している大小様々なコンペティションがあります。
コンペティションに出場する目的は、上位入賞を目指したり、技術に磨きをかけるためだったりと
人によって様々です。

 

私自身、コンペティションには何度か出ているのですが、
最初に出場したきっかけは、検定を受けた時に会場の雰囲気に飲み込まれ
それまで経験したことのない緊張を感じたこと。
ネイルスクールの先生に相談すると、
場に慣れるための機会として、コンペティションをすすめられましたのです。

 

コンペティションでは仕上がりだけではなく、時間配分を意識した練習も必要になります。
その点も検定合格に役立ちました。
検定に全て合格した現在でも、自分の技術を磨くために出場し続けようと思っています。

関連ページ

資格の種類
ネイルの資格ってどれくらいあるのでしょう?ということで、ネイルの種類についてです。
ネイルの資格って
ネイルの資格のこと理解していますか?あまりよく分かってない方は参考にしてくださいね。
ネイルの検定
ネイルの検定って、どんな感じなのでしょうか?ということで、ネイルの検定についてです。
ジェルネイルの資格
ジェルネイルってどういう資格があるの?ということで、ジェルネイルの資格についてです。
ジェルネイルの検定、傾向と対策
ジェルネイルの検定って、難しいの?どんな試験があるの?ということで、ジェルネイルの検定、傾向と対策です。
ネイルの資格を取るための費用
ネイルの資格を取るための費用って、いったいどれくらいかかるのでしょう?そのへんの話です。
JNA(日本ネイリスト協会)
JNA(日本ネイリスト協会)とはどういう協会なのか?JNAについてです。