MENU

ジェルネイルの資格

従来のネイリスト検定では、ネイルケアやポリッシュ、リペア、アクリルの技術や知識が主な内容でした。
しかし、最近のネイルサロンでは、ジェルネイルが主流です。
ポリッシュやアクリルは取り扱わず、ジェルネイルのみを専門に行うサロンも増えてきています。

 

ジェルネイル検定

そういった流れから、2010年に新設されたのがジェルネイル検定。
受検者数も増加傾向にあります。

 

新設された当初のジェルネイル検定は、初級と上級のみでしたが
4年目となる2013年より、中級が新設されました。
ジェルネイル検定は、ネイルサロンへの就職を目指すのなら必須となりつつある資格です。

 

ジェルネイルの特徴

ジェルネイルは、ポリッシュのように乾かす必要がありません。
美しいツヤがあって、正しく付けることが出来れば、持ちも格段に良くなります。
また、アクリルほど扱いが難しくないので、セルフネイルを楽しむ人の間でも人気です。

 

しかし、正しい技術がなければ、すぐに浮いたり剥がれたりしてしまいます。
ジェルを付けても数日で浮いてしまって、無理やり剥がして、また付ける
という事を繰り返していると、爪はどんどん薄くなってしまいます。

 

土台となる爪の質や生活習慣などによって個人差はありますが、
正しく付けることが出来れば、1カ月くらいは持たせることが出来るのがジェルネイルの良いところです。

 

キレイに付いていれば、2カ月以上そのままでいることも可能です。
でも、ジェルの乗っている部分と、自爪との厚みの差から亀裂が入ったり
浮いているところに水分が入り込んでなかなか乾かず、雑菌が繁殖して感染症にかかる
といったトラブルをおこす可能性もあります。
だから、1カ月ほどで付け替えるのがベストですね。

 

初心者がジェルネイルをする場合

よく聞かれるのが、付ける時よりもオフする時に爪を傷めてしまうケース。
なので、出来るだけ爪を傷めない正しいオフの方法を覚えることも重要です。
そういった正しい知識や基本的な技術を習得するためにも、検定を受けて資格を取得しておくといいですね。

関連ページ

資格の種類
ネイルの資格ってどれくらいあるのでしょう?ということで、ネイルの種類についてです。
ネイルの資格って
ネイルの資格のこと理解していますか?あまりよく分かってない方は参考にしてくださいね。
ネイルの検定
ネイルの検定って、どんな感じなのでしょうか?ということで、ネイルの検定についてです。
ジェルネイルの検定、傾向と対策
ジェルネイルの検定って、難しいの?どんな試験があるの?ということで、ジェルネイルの検定、傾向と対策です。
ネイルの資格を取るための費用
ネイルの資格を取るための費用って、いったいどれくらいかかるのでしょう?そのへんの話です。
JNA(日本ネイリスト協会)
JNA(日本ネイリスト協会)とはどういう協会なのか?JNAについてです。
ネイルコンテスト
いろんなネイルコンテストがありますが、特に全日本ネイリスト選手権について書いています。