MENU

ネイルの資格って

最近では、セルフネイルを楽しむ方も増えてきています。
市販のネイルキットを購入したり、インターネットで検索してやり方を調べる方も多いです。
そうやって自分でネイルを楽しんでいるうちに、様々な疑問が出てくることと思います。

 

初心者の疑問

ネイル初心者の方からよく聞かれるのが、
「キットに付いていた説明書の通りにしているつもりだけど、持ちが悪くすぐに剥がれてしまう」
「お友達にやってあげたいけど、本当に正しい方法なのか不安」という声です。

 

ジェルネイルが普及してからは、塗って乾かすポリッシュよりもツヤや持ちがよく、
難易度の高いアートも比較的簡単に出来るようになりました。
とても便利なジェルネイルなのですが、爪や材料に対する正しい基礎知識がないと、
爪を傷めたり感染症にかかったりすることもあります。

 

そういったリスクを避けてネイルを楽しむには、正しい知識と基本的な技術を身に付けることが重要です。
そのために検定試験を受けて、資格を取得する方も増えてきています。

 

ネイリストとして働くのに、資格は必ずしも必要ではありません

ネイリストとして正式に働くために、資格は絶対に必要ではないのです。
無資格でもサロンに就職したり、お客様に付いたりすることは可能ですし
すばらしい技術を持つネイリストはたくさんいます。

 

でも、お客様が自分の手を安心して任せられるかどうかを判断する際の、
材料の一つになるのが、ネイリストとしての資格です。

 

合格率

ネイリスト検定での合格率は、

  • 3級で70%くらい
  • 2級で35%くらい
  • 1級で30%くらい

となっています。

 

上の級になるにつれて試験の内容も難しくなりますので、合格率も下がってきます。
受験生の皆さんは、たくさんの練習を積み
当日に向けてしっかりとした準備を行ってから試験に臨みます。
それでも落ちてしまう人が少なくないのが、ネイリスト検定です。

 

定められたレベルの知識と技術を持っていなければ、合格できません。
だからこそ、資格の保有は、ネイルの基本的な知識が身に付いている証明になるのです。

関連ページ

資格の種類
ネイルの資格ってどれくらいあるのでしょう?ということで、ネイルの種類についてです。
ネイルの検定
ネイルの検定って、どんな感じなのでしょうか?ということで、ネイルの検定についてです。
ジェルネイルの資格
ジェルネイルってどういう資格があるの?ということで、ジェルネイルの資格についてです。
ジェルネイルの検定、傾向と対策
ジェルネイルの検定って、難しいの?どんな試験があるの?ということで、ジェルネイルの検定、傾向と対策です。
ネイルの資格を取るための費用
ネイルの資格を取るための費用って、いったいどれくらいかかるのでしょう?そのへんの話です。
JNA(日本ネイリスト協会)
JNA(日本ネイリスト協会)とはどういう協会なのか?JNAについてです。
ネイルコンテスト
いろんなネイルコンテストがありますが、特に全日本ネイリスト選手権について書いています。